会社やプロスポーツの世界、部活動など色々なところで順位が付けられます。

 

プロスポーツに至っては、学生時代はエリートだった選手ばかりなのに、

プロの世界にいったら、エリートしかいないので、順位を付けられると

必ず最下位の人が出てくるわけです。

 

 

今までエリートできていたのに、次のステージにいくと通用しなくて

劣等感を感じている人も多いと思います。

 

その劣等感が、パフォーマンスを落としていたりすることが多い。

 

営業でも、会社からのプレッシャーが強すぎて力を発揮出来ない人が多い。

どういうことかというと、そこそこの成績を出していたら生活には困らないし、

まあまあ裕福な生活が出来ていると、お金で困っているわけではない。

 

そもそも、お金を稼ぐというのは、手段であり目的ではありません。

 

例えば、趣味を充実させたかったり、家族と毎月旅行に行きたいなど、

使う目的があると、どこかからお金を調達しなければいけません。

 

その手段として、お金を稼ぐのであり、お金を稼ぐことが目的ではないのです。

 

使う目的がないのであれば、稼ぐ必要がないのでエネルギーが生まれないのです。

そこが成績の上がらない一番の原因かもしれません。

 

プレッシャーをかけても上手くいかないのは、その為です。

今回は、そのことについて対談しました。

 

LINEのID検索で「@ssx6464t」を検索して友達追加をしてくれると、

今なら動画コーチングを無料で受取れます。 

営業やコーチング、子育てやスポーツでのメンタル面などの質問を募集しております。

 質問に対して、音声で返しますので、質問のある方は、LINEでメッセージしてください。

 こちらからも登録できます→ http://line.me/ti/p/%40ssx6464t