リフォームの営業の時に、資料請求をしたお客さんにテレアポをすると「家に来なくてもいいので、資料を送ってください」と言われることが多くあります。

ですので、家に資料を持って訪問していたのだが、

「資料を送ってくれればよかったのに、なんでわざわざ持ってきたんですか?」

と怒った感じで言われてしまうこともしばしば。手渡して終りだったり、資料請求をした本人がいなくて渡して終わってしまうことが多くありました。

結局そのあと、連絡しても反応が薄いことが多い。

 

しかし、反応が悪いので見込みはないなと思っていたら、3ヶ月後に工事を開始していたりすることが何度かあり、私は驚きました。

 

そんなにすぐ工事をするようなお客さんが、なぜあんなに反応が悪かったのか?

なぜ、怒った口調で対応されたのか?

 

「なんでなんだろう?」

と考えていたある日、私が休みで家で寝ている時に「ピンポーン」と家のインターホンが鳴りました。

 

その時は、「面倒くせえな」と思いながら出ました。

チャイムを鳴らしたのが誰なのかもわかっていませんでしたが、とてもイライラしてしまっている自分がいたのです。

もしかしたら、すごく大好きな人かもしれないし、すごく好きになるような人が来たのかもしれないのに、機嫌が悪くなってしまっていたのです。

 

「なぜ、機嫌が悪くなるのか?」

と考えながら、それを自分がやっているということに気がつきました。

それは、「準備ができてないから」ではないか、ということでした。

 

このことについて音声ファイルにまとめたので時間がある時に聞いてみて下さい。

音声ファイルはブログの最後にあります。

 

LINEで友達追加をしてくれると、今なら動画コーチングを無料で受取れます。

営業やコーチング、子育てやスポーツでのメンタル面などの質問を募集しております。

質問に対して、音声で返しますので、質問のある方は、LINEでメッセージしてください。

登録はこちら→ http://line.me/ti/p/%40ssx6464t