保険の営業マンと話をしていると、よく聞くのが

 

「話を聞いてもらえない。」

 

ということ。

 

 

でもね、保険の話って正直、興味ないですよね?

普通。

 

だから、聞いてくれと言われても、聞きたくないわけですよ。

 

「だって、もう保険入ってるし。」

 

というのがオチ。

 

どんなに良い商品だとしても、お客さんからすれば、どの保険もさほど変わらないと思っているわけ。

 

 

そんなことはないと思っているかもしれませんが、そんなもんなんです。

これが。

 

 

僕が、クライアントに

 

「洗濯をする時に洗剤を使いますよね? その洗剤を選んだ理由はなんですか?」

 

と聞いた時に出てくる答えは、

 

・実家で使ってたから。

・安売りしてたから。

 

という理由がほとんど。

そもそも、汚れが落ちない洗剤があると思っていないし、どの洗剤も同じだと思っている。

 

それがお客さんの本音。

 

 

これは、保険も同じだと思うんですよ。

だって、自分の入っている保険の内容すら、わかってない人がほとんど。

 

そんな人たちが、保険会社や商品が違うと金額や保証内容に大きな違いがあると

思ってない。

 

と、僕は思うわけです。

 

 

さらに、話を聞いてくれない理由として、

 

・聞いてしまうと契約しなきゃいけないんじゃないか

・しつこく勧誘してくるんじゃないか

 

ということ。

 

特に仲がいい人ほど、話を聞いたら断りにくい

 

だから、興味があったとしても聞きにくいから、全く関係性のない

保険の窓口などに行ってしまうんだと思います。

 

契約するかしないかは、お客さん自身が決めることなので、

恐れる必要などないのですが、契約するかどうかの主導権が

自分にあることをわかっているはずなのに、

 

「断れないんじゃないか」

 

という恐れによって、わからなくなっているだけ。

 

その主導権がお客さん自身にあるということをお客さんの意識に上げてあげることで、

その恐れはなくなり、話を聞いてくれる確率が格段にあがります。

 

是非、試してみてください。

 

LINEで、コーチングや営業、子育てやスポーツでのパフォーマンスUPなどの音声ファイルや動画の配信します。

その他、ブログの更新やセミナーの案内を受取れます。

登録はこちら→ http://line.me/ti/p/%40ssx6464t

 

【逆指名の営業術】

http://copy.makoto-nakayama.com/reverse/

売り込まずに、お客さんの方から「あなたから、買いたい」と言われるような、

営業マンなら誰でも欲しくなるような教材が出来ました。

クリスマスキャンペーンやってます。

残り3セットです。お急ぎください。

【逆指名の営業術】

http://copy.makoto-nakayama.com/reverse/