なぜ、私が変われたのか? この話をする前に、売れる営業と売れない営業がなぜいるのか、についてお話しましょう。

営業マンの多くが、お客さんに何かを売る時に、

 

「お客さんがあなたの商品を買ったら、自分の勝ち」

「お客さんがあなたの商品を買わなかったら、自分の負け」
みたいな勝負をしている人はとても多いように感じます。

こういうふうにすると、お客さんも自然と「私は負けないよ」と構えてしまいます。

そうではなく、あなたは「お客さんを勝たせる」ための軍師であり、味方でなければいけないのです。

お客さんと戦ってはいけません。

「お客さんの現状もしくは未来を良くすること」が、お客さんが勝つということであり、同じチームであるあなたも同時に勝つこと。つまり営業マンにとって重要なゴール(目標)は、「お客さんを勝たせること」です。

「お客さんを勝たせる」というゴールがあれば、あなたの商品が売れなかったとしてもあなたは勝てるのです。