商品が売れれば、確かに嬉しいし、収入も上がるし、会社上のノルマを達成できるでしょう。

しかし、売れたからといって、お客さんから「騙された」とか、「こんなのが欲しかった訳じゃない」と言われたらどうでしょう。

 それでもあなたの勝ちなのでしょうか?

 そうではないはずです。

反対に、商品は売れても売れなくても、お客さんの自己実現のお手伝いをできれば、

「あなたのおかげで良くなりました」

とか

「商品を買ってないのにこんなにしてもらって」

というお話を聞くと嬉しくなるし、気持ちがいいですよね。

 結局、お客さんが喜んでもらえることが、嬉しいのです。

お金がもらえるともっと嬉しいでしょうが、もらわない時でもきっと自分が「嬉しい」感情を得ることができます。

「でも、商品が売れなければ、食べていけないじゃないですか」

 と言いたくなるかもしれません。それはその通りです。

 でも心配はいりません。本書で伝える私の営業法を実践すれば、お客さんに喜んでもらいながら、嬉しいという感情を得ながら、売上げも上げることができます。

 この営業法が、最高の営業スキルだと自信を持って言えるのは、

 「売れても売れなくても、あなたが成功できる」

 という点です。もちろん、ものを買ってもらって、売上げを上げることができます。

 ただ、あなたの扱っている商品を買うことは、「お客さんを勝たせる」とイコールでない場合もあります。その場合は、売ってはいけないのです。