売れる時もあるし、売れない時もある。

 

これを認められるかが、この最強の営業法の本質なのです。

多くの営業は、「売れないとダメだ」と思い込んでいます。

だから、ついお客さんと心理戦を始めてしまい、それを察知したお客さんが構えてしまい、もともと売れる相手であっても、買わなくなってしまうのです。
多くのダメな営業マンは、お客さんと戦うことで「売れる確率」を自ら下げてしまっているのです。

お客さんと戦っているので、売れなかったらあなたは負ける。そうして負けが続くと、あなたは、次の一歩を踏み出すことが、すごく辛くなります。

 

「また断られるかもしれない」

「お客さんに嫌な顔をされるかもしれない」

 

と恐怖と傷つきたくないと感じ、結果その仕事で結果が出なかったり、仕事自体が嫌になってしまうのです。

 

  • お客さんと戦うか、お客さんを勝たせるか?

 

 では、「お客さんを勝たせる」というゴールをあなたが設定して動いているとどうか?

 

これも一緒で、商品が売れる時もあれば売れない時もあります。

でも、商品が売れても売れなくても「お客さんを勝たせる」ために動いているので、どちらの場合でも、お客さんもあなた自身もゴールを達成できます。つまり、おたがいに「勝つ」ことができるのです。

 

あなたがお客さんの勝利のために動いていれば、お客さんはあなたと話をしている時に構えません。だから、あなたの商品がお客さんの勝ちに繋がるのであれば、自然と買ってくれます。

お客さんと戦っていた時は、お客さんと対峙している形になり、相手も構えてしまうので、売れるものも売れなくなっていたのです。

 

でも、稀にあなたの持っている知識や人脈を駆使しても、お客さんを勝たせることはできない時があります。

間違ったものを勧めたら、お客さんは確実に負けるわけなので、わざわざ勧めない。

 

だから、あなたと関わって負けることはないのである。

 

  • コーチング×営業で、どんな人でも売れる営業になれる!

負けた時に、「不」の要素が溜まるのだから、負けないことであなたも「不」の要素は溜まらないのである。

負けないとわかっていれば、お客さんと会うことも怖くないし、次の一歩がすごく踏み出しやすくなるはずです。

 

お客さんを勝たせるというゴールだと「売れないとダメだ」というのがなくなる。

繰り返しますが、すべての人に必要な商品はない。だから、売れる時もあれば、売れない時もある。

だから、売れてもいいし、売れなくてもいいのです。でも売れるように努力をする。

 

戦っている人は、お金をもらわないと「嬉しい」という感情は得られないと思っていますが、お客さんを勝たすことでお金を介さずとも「嬉しい」という感情を得られるのです。

お客さんと会うだけで「嬉しい」感情を得られるのであれば、どんどんお客さんと会いたくなり、お客さんの数が増えていきます。さらに、戦っていた時よりも売れる確率が上がるため、お客さんの数が増えて、そのお客さんに売れる確率が上がるのだから、売り上げが上がるのは当然なのです。
このお客さんを勝たせる営業法こそ、「コーチング営業」なのです。