まだ起きてもいない事に不安を感じたり、恐怖を感じることがあると思います。

 

しかし、それは全くもって意味のないことであり、無駄なことです。

不安になったり恐怖を感じるのなら、実際起こってからでいい。

しかも起こってからだと、解決策を考えるので、不安や恐怖を感じている時間はあまりありません。

 

まだ起きてもいないことへの不安や恐怖に意識を集中することで、そういう現実を引き寄せてしまう。

 

そういう人に限って、どうなればいいのか?

と尋ねると、答えがすぐに返ってこない。

 

つまり、どうなればいいのかがわからないので脳は、あなたに不安や恐怖の情報を見せてくれるようになり、その不安や恐怖を見て悪い結果になるという負のスパイラルに入ってしまうのです。