・大きな結果を出したい
・自分が変わりたい

など、変化を求めている時は、今までのやり方と一緒なことをやっていても変わるわけがない。

それで、今までと違う方法などをやろうとするのだが、恐くて出来ないし、不安で動けなくなる。

何故なら、やろうと思った時に色々と考えてしまうからだ。

じゃあ、考えるとなんで不安になるのか?

それは、【過去】で考えるから。

過去にない結果を出す為に、やった事がない新しい方法をやるわけだが、それをやっていいかどうかを判断する基準が過去なわけ。

しかし、過去の記憶を辿っても、答えがないから判断できないし不安になる。

という事は、不安を感じている時に成長しているわけ。

いつもと同じなら不安を感じないし、居心地いい。

だから、居心地が悪く感じたり、不安を感じる時は自分が成長しようとしているんだということ。